すべはあのお方の計画通り…とか。

ガンダムAGE
いままで不可思議に詰めの甘い作戦を繰り返してきたが
アレはすべてリゼルカント様の計画通りだったフラグとか。
「な、なんだってー(棒)」ですよ。まったくもって。

○機動戦士ガンダムAGE 33話「大地に吼える」
細かいところはまとめサイトにて→■(ガンダム速報)
…ストーリー的には基地内に爆弾が仕掛けられてそれを
なんとか解除するんだろうと言う話になるのは
前話から予想通りだったのですが、際立ったのは
ゼハートを圧倒するキオの強さとXラウンダーなら
直観力で爆弾の位置もわかるとかいうチート設定。

フリットがアセムではある意味、放置教育で
Xラウンダー覚醒のための英才教育に失敗したのを
キオでいかに挽回したかという話にはなっていますが
それにしても…ねぇ。
ただ前回亡くなったシャナルアさんの
セリフもまぁ入れてきたし全体的には無難な構成でした。

個人的には最後の爆弾の処理の時は
「このままじゃ間に合わない!?」の流れから
ただ単純に爆弾を放り投げるのではなくて
シャナルアさんの「生き延びて~」プレイバックから
砂漠の時のように覚醒、コアファイターで瞬間離脱しつつ
分離したフォートレス部分に爆弾つけたまま
射出→爆破っていう流れだと成果を上げつつも
優先するべきは我が身の命ってところまで
達成できて良かったのではないかと思います。
が、こういう細かい改善点はきっと小説版のために
とってあるので安心ですねと邪推しておきます。

…しかし、ツインテキャラが新キャラで
やっと出るということで個人的には
とても次回から楽しみです。
ツインテというだけで無条件幸福ですからね。

…えーと、いや、まぁ次回予告的には
海賊が出るよ~が一番の見所になるのは
間違いなさそう。予告のナレーションも
サプライズきますとステマしてましたし(違


ももへの手紙 →(wikipedia)
わりといまさらですが映画「ももへの手紙」を観てきました。
瀬戸内沿岸民ですし、たまゆら関係でこの前、御手洗にも
行ってきたので背景の見覚え率も高く非常に良かったです。
国際的な賞を海外で受賞しているとのことで
日本人がヨーロッパの狭い石造りの路地裏に感じるような魅力を
海外の人も日本の田舎の路地裏に感じるのかもしれません。
そこにしかない独特の空気があるっていうのは確かに
ありますし改めてアニメーションの背景として観ると
温かみというかそこに込められた命みたいなものを感じました。

…ストーリーの内容は「となりのトトロ」とかジブリそれ系のを
混ぜたみたいな内容で舞台設定と背景設定が一番の主眼かなと
思ったり。日本人でアニメを見慣れてる人には既視感ばかりで刺激が
足りないと思いますが、映画館に来てた子どもの客層は
妖怪コミカルホラー系として観てたのか、ももが姿の見えない妖怪に
驚き慌てたりするところで、わりと「きゃっきゃ」と
楽しんでる様子だったのでライトな層が家族で観に行くには良いかなと。
家族ドラマとしても良いですが掘り込みは浅めです。

ただ国際的な賞を取るだけあるのは実在の舞台と民俗資料が絡むところ。
特に地域ごとの小さなお祭りはそれぞれに独自の歴史が
あったりと世界規模で無形文化遺産としてどう記録・伝承されて
いくかは課題ですし、そういった点で「そら」と死者の魂の関係が
それとなく温かみをもって描写されているのが○
おそらく小泉八雲が感動した「精霊流し」に通じる「藁舟」の
祭りが評価を高めてるのかなと思います。
子どもに興味を持って見てもらいつつ本当に実在する要素で
話もできてるんだよ的なつかみができるのは◎

…まぁ、それならそうともっと効果的な演出ができるだろうとか
言い出したらいくらでも不満が出てきそうですが。

ただ良い感じに作画も話も力が抜けてるというか
画面がおしつけがましく迫ってこない優しいタッチなので
実際の風景を見知っているとその田舎的な空気までが
タッチに再現されてると感じられると思います。
良い意味でハイビジョンじゃない
コントラストのきつ過ぎない絵と言いますか、えぇ。
映像だけ観て「ふ~ん」で終わった人はもったいないので
瀬戸内の島しょ部を実際に観光で訪れてみてください。
きっと初めてでもどこか懐かしい感動が待ってると思います。

…と、ステマしておきますね。


あとは瀬戸内の「海の民」の文化とか深読みしていくと
海民的な独立心、陸(おか)や都とは違う信仰体系とかも
メタく入ってるので調べると楽しいかもしれません。

と、小難しいところは置いておいて。

細かいところよりもスポーツ新聞がカープだったこと
とか豊島から今治にじゃなくて呉にかかってるのが
本当の橋だろうとか地元民的な要素が一番楽しかったですが。


そんな感じで以下に近況。

続きを読む »

スポンサーサイト

このシナリオを強いられているんだ!…とか。

先週ほめたらすぐ手のひら返しをさせるべく
機械的な駆け足テンポ脚本で話を進めてくるとか…orz

○機動戦士ガンダムAGE 32話「裏切り者」
うーん、この話、観せ方一つでずいぶんと
良くなると思うんだけどなぁ、もったいないと
思いましたが、細かいところはまとめサイトにて→■(ガンダム速報)

おおかたはまとめサイトでの感想通りで
名前付きキャラを亡くすには色々と
惜しい感じでした。前回までの描写が
持ち直していただけに余計にダメージが。

お金じゃなくてヴェイガンの技術でないと
助からない病気とか言及して欲しかったですし
セリフ回しとかでもだいぶん印象変わると
思うけども…。
しかし、かようにに色々とダメなところの
改善点を妄想させてくれる作品こそ
好きだったりするので視聴継続確定ですが。

…これが種死系とか好きの運命(さだめ)…

○「氷菓」小説版
逃避エネルギーにより読破。
ネタバレはいけない気がするので
多くは語らない感じで。

いちおう、言及するとすれば
「氷菓ってそーゆう意味だったのかー。」です(今更

…なんでしょう、現代より干支が一回り前くらいの
ノスタルジックとでもいうのかそーゆう空気感が
よくでていて良いなぁと思いました。
ひぐらし…よりは後だけど現代でないというか、その。

「わたし、きになります」

強制終了したところで以下に近況。



続きを読む »

AGE3はマジMAP兵器火力!とか。

○機動戦士ガンダムAGE 31話「戦慄 砂漠の亡霊」

孫とじいちゃんと合体出撃デフォなの!?

と思ったらちゃんとドワーフ孫と合体して乗り換えましたね。

…わけがわからないよ、な場合は、まとめサイトにて→■(ガンダム速報)

あれ、おかしい、AGEなのに話がちゃんと伏線はりながらわりと
丁寧に展開している…。いや、なんというかその、いままでが
いままでだっただけにアレなんですが意外というのが失礼なほど
良い感じだと思います。ゴツイ機体で大火力な戦い方の主役機体は
こども向けガンダムとしては非常に分かりやすいですし。

ストーリーも面白くやってると思います。
今回の話で、セリック・アビス隊長が本当にキャラとして
効いてるなと。このあたりのキャラからちゃんと裏読みが
しやすいように色々と解説が入るのは好印象。
なぜヴェイガンがこれほど地球環境に適応したMSを?
というもっともな疑問とかこれまでの1期、2期だと何の説明もなく
余裕スルーだった気がするので。(1期は謎の敵だったせいもありますが)
それからヴェイガンが多数の無人機体と少数の有人機体の混成部隊である
という説明もちゃんとあり。これでヴェイガンがたまに有人機体では
考えにくい間の悪い変な躊躇のある行動してた説明されたのと同時に
あの機体にはヒトが乗ってると言ったシャナルアさんは
どれが有人機体か知ってたことになって伏線はられるという仕掛け。

それからフリットが殲滅思想でXラウンダー的に攻撃はすべて
最小限、紙一重で回避して攻撃最優先を孫に教えてたと判明。
じいちゃんマジ英才教育。おかげで最初からXラウンダー適性全開。
…まぁ今回に限っては相手の戦法につきあわず引きながら撃つが
正解ではありましたが。才能に頼り過ぎない戦い方を知るとか
大事なステップアップですし序盤として良い描写だなと。

あとじいちゃんと合体出撃ツッコミましたが、よく考えれば
キオのような子どもパイロットにガンダムAGEという最大戦力を
任せるには(アスノ家に適性が限定されるというの差し引いても)
フリットじいちゃんという後見があるから許されてるという
ほうが色んな意味で新米パイロットなのにAGE3乗れる説明に
なってるなと思います。

なぜ地上を進むのか、なぜ非戦闘員の子どもを乗せているのか
といった説明が予告後の解説で難民回収も兼ねてるとのことで
回収と本当にちゃんとやるようになったなと。

合体なんて待つかよでミサイル攻撃したファントム3の描写も○
さらにフリットがわざとそのミサイルに当たって盾になった
描写はAGE3の重火力MSにふさわしい装甲性能をもつとことも
示した感じに。よく考えればあれだけのMAP兵器熱量を扱う
わけで反動も凄いし耐熱・耐衝撃も基地外じみた性能ないと
ぶっぱなせないわけで、色々と考えられてるなと思いました。

…と色々とほめてしまったのですが不満が一点。

あの2期のアセム編gdgd展開のせいで単体では感動の
場面のはずなのにイマイチ感動しきれない感じで
フラグ立ち過ぎ死したメガネっ娘整備班の魂刻んだ
唯一のサバイバーパイロット、

オブライトさんの活躍をもっと!

でした。

以下は近況とか。

続きを読む »

GW終わりとともに色々達成、とか。

○D.C.Ⅲ クリアしましたー。
ネタバレなど考えて感想などはだいぶん後日に。
とりあえず凄く期待を裏切らいない出来で良かったです。
若干後日談がバッサリ足りなかったのですが確実に
曲芸商法なら追加シナリオ・ヒロイン・ファンディスク1・2とか
四重奏以上仕掛けてくるの確実なので心配無用してます。

○ガンダムAGE 30話「戦場になる町」

ついにAGEシステム強制起動!

「…アセム編で出番極小だったAGEシステムがちゃんと動いてる!」
とゆーのが一番の感想ですが細かいところはまとめサイトにて→■(ガンダム速報)
つっこんだら負けな部分が多いのでなんともですが
フリットが孫を洗脳しまくってますが後でこれに疑問を
抱いたりするようになったりとかで話を展開するんでしょうか。
まぁフリットに対して立場上は一介の退役軍人に過ぎない
的な発言もあったりしたので権力の座からは退いて
影響力は下の軍人にまでは及んでないみたいで
絶対支配体制的なカリスマ状態からは変化が読み取れますし
今後の展開と絡めて色々とあるんだろうなと思いますが
ここから「いや、正直それはない」的な予想斜め上シナリオで
期待裏切られる可能性もあるのがAGEシリーズの怖いところ。
…いや、まぁなんにしたって視聴継続はすると思いますけど…。

○ミクダヨー(違)3DS

Project miraiやらないとと思ってできてなかったので
今更ながらやってみました。わりとSSが無理ゲーであれでしたが
クリアするだけならそれほどの難易度でもなく遊び易いの
肩書きに嘘いつわりはなかったかと思います。
BPM無段変速のマトリョシカ「トコトン」以外は。

続きを読む »

プロフィール

ねこたい

Author:ねこたい
元N.E.E.T所属の橙猫。
◎現在の最新更新履歴
※:日記更新は例外扱い。
・コメントの公開・非公開は
許可制タイムラグ有りです。
(管理人宛のみ設定も有)

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
最近のコメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる