スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00劇場版とか

ガンダム00劇場版観てきましたー!
(http://www.gundam00.net/)


というわけで観た感想とか諸々は追記にて。

○周辺施設で観光とか

どうせ天神川のイオンモールまで来たからにはで、モスド行って来ました。

ご当地プランメニューということでイロモノ商品や謎企画商品多数。
とりあえず冒険心でポン・デ・お好み焼きなるものを挑戦購入。

基本的にお好みソースが甘いのにそれに甘いドーナツ生地が
プラスされやや不協和音なお味でした。
ホットケーキでお好み焼きをしたものを食べるのを
ご想像いただければと思えば間違いないかと。
明らかに味より企画性!なアイテムでした。
家族土産はモミジ饅頭ドーナツ、正式名称「もみド」。(写真右手側)
薄味、上品でもみじまんじゅう感の再現度はかなり高いです。
モスドもといミスド内では1,2を争う油ギトギト感の無さが
あっさりめで個人的には好きなのですが、そんな上品薄味はあえてミスドに
もとめる味ではないと言われればその通りな売れ残り具合でした…orz
りんごジャムやカスタード味の方がよく売れてました。

ソレイユ自体は複合商業施設としてはなかなかの規模ですが
いかんせん道案内が不親切というか
どこに目的の店を目指すのが難しい建物構造は観光的には良いけども
普段使いには向かないなぁと思いました。とりあえずそんな感じで。

以下ネタバレ注意の劇場版ガンダム00感想追記。




いや、話の展開的には程度の差こそあれ
大方予想通りのものであったかと思います。
ただ最初にソレスタルビーイングが秘密裏に活動していると
言いながら映画内映画としてアレハンドロ様をライザーソード
ぶった斬りして始まるのはいかがなものかと。
あまりにイキの良いネタっぷりに激しくwktkさせてもらいました。
劇場内で思わず笑い声が漏れて危険過ぎるだろうにと。

で、話の本筋ですがかなりのキーマンになりそうな出方をした
新イノベイター、デカルト・シャーマン大尉の扱い方が非常に
分かりにくかったのが色々と問題かと。
物語中盤にはお亡くなりになるというなんともなポジション取り。
更に物語の中核となる対話のヒントを与えたにしてもイマイチ感が拭えません。
まぁ、物語後半からの怒涛の展開を考えれば
既存キャラ達のドラマの間に入れなかったのもあるのやも。
それにしても分かり難いカードの切り方でした。
最終的に居なくても物語成り立ったような気も…うーん。。。

結局、印象点なら最終防衛ラインを死守したセルゲイ息子や
最後の突破口をカミカゼで開いたグラハムが良いとこ持ってったし
既存キャラたちの存在感の方が盛り上がり的には遥かに上だったかと。

そしてコーラサワーだけは不死身を貫いた。

ラストは刹那とティエリア、ダブルオークアンタ、ヴェーダの
クアンタム・システム合わせ技一本で持って行ったし。

まぁエピローグまで含めて割と強引にまとめきった感は全開でしたが
挿入歌あたりでは泣かされてたので良い作品だったと言うべきなのでしょう。
…細々とした話の持って行き方には釈然としないものはありますが。

「戦いの先ではなく対話の先にこそ未来がある」というテーマとしては
一応はブレてなかったのかなと。

個人的には最初のアレハンドロ様斬りネタでほんの一瞬出演した
幼女パイロット?(あいつはダレだ!?)がフラッシュバックして
相変わらずこのガンダムはネタに走らせてこそ面白い作品なのだと
半強制的に再認識させられた次第。本編中身は割とありがちなまとめ方で
かつ後はご想像にお任せ的に説明不足だっただけになんか余計にネタポイントに
意識が集中してしまいました。
残念がれば良いのか、説明不足は妄想を広げる余地ありと喜べば良いのやら。

あーうーあー。

以上そんな感じで。
あ、あとビリーさんに女運が無さそうなのを
劇場版にまでネタとしてひっぱってこなくたってー。
これだけ尺が詰まってるならもっと違うところに時間を割いていただきたく。orz

でした。ではー。
スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰です

「ポン・デ・お好み焼き」とはなんとも挑戦的な。語呂的ににも「ポン・デ・お好み」のほうが……この方が挑戦的ですかね。

 お久しぶりです。いつ以来でしょうか。ガンダムOOということでお邪魔いたしました。ウチでは感想をいつ書くか悩んでいる所ですので便乗を。

 何故あんなにネタ祭だったのか、私も劇場版『ソレスタルビーイング』のところで吹き出しそうでしたよ。映画開始直後なのでジュースも手に持ってる状態でしたし、危険でした。あのティエリア(?)もどきのショボイ顔がきつかったです。アレハンドロって映画にされるほど顔が知られてましたっけ?
 
 デカルト・シャーマン大尉は取り込まれてメッセンジャー代わりにされるのかと思っていたのですが、それならイノベイターの存在はいらないわけで、つまりは刹那を活躍させるために存在価値を剥奪された感が強いですね。あの新型も模倣されるかと思ったらそんなことは一切無かったですし。CM等でのアピールはなんだったのでしょうか。

 戦闘はサスガに凄かったですね。対物量という戦闘だと各機の性能よりパイロットの体力と精神力次第ですから、ぶっちゃけガンダムが居ても居なくてもあまり戦局はかわらない、というのがリアルでした。
 ブシドーがブシドー仮面を取っていたのがちょっと残念でしたが。なんでも野武士にまで進化したそうですね(荒川UTB)。
 ウチのブログでも書いたのですが、あの戦闘を家庭用テレビで見るのはきついのではないかと。劇場で見ておいてよかったと常々思います。

 といった感じで、長々と失礼しました。
 刹那メタルスが超合金で発売されたらみんなで笑いましょう。
 ではでは~♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ねこたい

Author:ねこたい
元N.E.E.T所属の橙猫。
◎現在の最新更新履歴
※:日記更新は例外扱い。
・コメントの公開・非公開は
許可制タイムラグ有りです。
(管理人宛のみ設定も有)

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
最近のコメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。